Menu

産後に円形脱毛症になった

- 日記

私は子どものころから髪の毛が多い子どもでしたので、朝起きて学校に行こうとしても寝癖がよくついてしまって困ってしまっていました。
その時に父親が髪を水でぬらして元に戻してくれたことがありました。
そのときは、髪の毛が多くて凄く嫌だなと思ってしまっていました。

成人式のときに、髪の毛をアップにしたときも髪の毛が多いので時間がかかってしまって、成人式の式典に遅刻しました。
髪の毛がもっと減ったらいいのにと思ってしまっていました。

でも28歳で友人の友人と結婚して、30歳で子どもを生みましたが、夜に風呂で髪の毛を洗った後に排水溝のところに抜け毛が沢山あったのでびっくりしました。
私は産後に抜け毛があるのは普通だと知っていましたが、あまりにもその抜け毛が多いので困ってしまいました。
近所の皮膚科に行きましたが、何も治療薬がないといわれてしまったので、お金だけ払って帰宅しました。
子どもが1歳になって、育児ストレスによる円形脱毛症にもなってしまって、そのときは髪の3割ほど抜けて大変でした。
<参考>薬用ハリモア通販 | 薬用ハリモアは女性におすすめの育毛剤
<URL>http://www.cps3wakecounty.org/

血液が滞りなく流れるようにすることと同様に、頭皮や毛根周辺のリンパ液の流れを良くすることが育毛や養毛に効果的です。
血管内から出た不要な物質はリンパ液に乗って体外に出されます。
また、リンパ液には体内の免疫力を維持していく機能を持っています。
血液循環とリンパ液の流れ、このどちらもが良好な状態になって初めて健やかな髪の毛のための土壌が整えられます。

全身に広がるリンパ腺のマッサージを行うことにより、循環が悪くなったリンパ液の流れを回復することができます。
発毛や育毛を専門とする個人のクリニックだけでなくて、育毛治療は一般的な皮膚科でも行われています。
一言で皮膚科と言っても、一般の皮膚科と美容皮膚科があって、どちらにかかっても構いません。
ただ、薄毛を気にしている人が受診するのに良いのは美容皮膚科の方です。
さらには、どっちの皮膚科に通うことにしたとしても保険の適応にはならないことを覚えておきましょう。

薄毛治療を終えるのには長い期間を要しますし、皮膚科が通いやすい場所にあることも皮膚科を選ぶときの重要な項目になるでしょう。
とても強烈な抗酸化作用を持っているリコピンという成分は、肌、髪の老化を防止しますから、育毛や発毛に有効だと言えます。
トマトはリコピンを大変多く含んだ食べ物です。

リコピンのほかにもトマトの中にはビタミンやクエン酸などの肌や髪の毛に効く物質が大量に含有されていますから、積極的に食卓に乗せるようにしましょう。
それに、リコピンはそのまま生で食べるよりも火を通した方が身体の中へ栄養素を吸収させやすくなるでしょう。

赤血球が持つヘモグロビンの原料としてなくてはならないのが鉄分です。
血液の中の酸素は赤血球が運んでいますから、もし、鉄分不足だと酸素が充分に行き渡らず、血の巡りが悪くなります。
ですから全身だけでなく頭皮もデメリットを受け、薄毛や抜け毛の要因を作ることになるため、鉄分の摂取と育毛を分けて語ることはできないのです。
鉄分を摂るには、レバーやアサリ、シジミなどを食べると良いでしょう。

育毛はもちろん、発毛を促すのに有効だと見られるたんぱく質の一種の成長因子というものは、またの名をグロースファクターとも言います。
毛母細胞への働きかけを行って活動を盛んにする、良好なヘアサイクルに整える、血液の循環をよくするなどの効用があります。
育毛クリニックによる治療として毛穴に成長因子が注入されるような場合もあります。
加えて、成長因子の合成された育毛剤も商品化されています。

テレビなどで取り上げられることが多い育毛シャンプーの宣伝を見聞きすると、これら宣伝の内容から育毛シャンプーさえ使えばイキイキと髪の毛が発毛されるかのように錯覚してしまうのではないでしょうか。
しかし、決してシャンプーのみで髪の毛がふさふさに生えてくることはないといっていいでしょう。
育毛洗髪剤の持つ役目といえばドンドン髪が丈夫に生えてきやすいよう頭の皮膚の状態を整えることにあるため、いきなり直接的に毛根へ作用するわけではないのが理由です。

一人で面倒なことなくできる抜け毛対策は、日常的なシャンプーのやり方を改善することです。
しっかりと湯船に浸かって体を温めた後、洗髪を始めるのは頭皮の毛穴が充分に開いてから行うこと、洗髪を開始する前にしっかり入念にお湯洗いで頭皮の皮脂を落としてあげること、洗うときには爪を立てないようにして丁寧に優しく頭皮に負担をかけずにシャンプーしてあげることなどが大切になってきます。
今まで述べたことは抜け毛予防になるだけではなくて、育毛治療をしていく上でも重要になってくる話です。
洗髪の際に石鹸シャンプーを使った場合の影響は、育毛に関して長所もあれば短所もあります。

自然界に由来するものから成るので、化学的な合成界面活性剤の配合がなく、髪や頭皮に低刺激な点が最初に長所として挙げることができます。
それから、強力に洗浄する点も長所ではあるのですが、頭皮の健康という観点では短所になることも否定できません。
頭皮にある油分を落とし過ぎるというケースもあるためです。

たまにメディアで見かけることもあるかも知れませんが、シャンプーの際に頭皮を指の代わりに洗う電動のブラシがいくつか売られています。
頭皮の毛根周辺の汚れ成分を音波の力で浮き立たせてシャンプーしやすくしたりするなど、養毛や育毛効果が期待できる商品になっています。
また、汚れを洗い落としやすくするだけでなくて同時に頭皮マッサージもできるので、毛根などへ血液が巡りやすくなるのです。
しかしながら、気持ちが良いばかりに使いすぎてしまうと却って逆効果になるので、使用の際には必要以上に使いすぎないようにしましょう。

アメリカではFDA認可が出されているように、多くの国が低出力レーザーの育毛効果を認めています。
体の細胞の活動を促進したり血行を良くすると考えられており、育毛だけでなく他の治療においても実績があります。
日本のクリニックも採用する所が多くなってきていますし、威力が業務用に対して控え目である低出力レーザー育毛器も家庭用に販売されています。