Menu

30代になって疲れやすくなってきた

- 美容

今までは忙しくても週末にしっかり睡眠を取っていれば週明けには疲れも取れてスッキリしていたのですが、30代に入ってから徐々に疲れが溜まるようになってきてしまいました。
まわりからも聞いていたので、いつかは来ると思っていましたが、自分は大丈夫と気楽にしていました。が、とうとう来てしまいましたね。

やっぱりいつまでも20代のままでいてはダメですね。しっかりケアできるときにしておかないと、後々大変なことになりそうです。

そこで、まわりの先輩方に聞いたところ、皆さんやっぱりというかいろいろケアされているんですね。コスメとかサプリとか。毎月すごいお金をかけている人もいてびっくりしちゃいました…。

さすがに私はそこまでお金をかけられないので、「安くておすすめのものありますか?」と聞いてみたところ、教えてもらったのがすっぽんのサプリでした。

最初に聞いた時は「え?すっぽん?」と思ってしまいましたが、よくよく考えるとすっぽんってコラーゲンも豊富で健康食材ですよね。

いろんなことを知らな過ぎる自分がちょっと残念ですが、まわりの先輩方に教えてもらって自分を磨いて行こうと思います。

20代の頃は仕事も遊びも恋愛も全力投球だ。時に羽目をはずし、上司に叱責され、悔しくて眠れない夜もあった。

だけれど、体は締まっていた。なぜか、と考えると、人間という生物はそういう宿命?にあるからである。

加齢と共に基礎代謝は落ち、30代から40代、初老の時期を経て人生の冬の時期に入る。そういうものだ。

少し固くなってしまったが、こういうことを考えるのも、ある病気で半年入院し、退院してからの自分の肉体の衰えに悔しい思いをしたからだ。悔しい思いを慰めるためにそう考えることにした。

でも、でも、俺って男じゃん。守る方の人間じゃん、とか思って最近、腹筋を始めた。若い時に比べて、量は変わらないが100回、200回、300回…

できるが、次の日の疲労が違う。

また、会社でも家庭でも20代の頃とはまた違ったストレス(それが生きがいなんだろうけれど)がある。

今、わかっていることは疲れたら休もう。もう虚勢を張る年齢ではない。

経験を活かせば、実力を発揮すれば、公正な人は評価してくれる。それ以外の人間を無視できる知恵もついてきた。

疲れたら、休もう。体が動けるなら動こう、と思いながらゆっくりと腹筋をする。

肌のくすみやたるみが気になります。周りからは若いと言われますが、鏡で自分の顔を見れば、若いのはお世辞です。

とくに、遠目から見ると、たるみが余計目立ちます。目元がおちくぼんで見えるのが最近気になるようになりました。

年をとれば仕方ないかもしれないけれど、たるみと目が凹んで見えないように手入れが必要です。このままにしていればますます老け顔になってしまいます。

たるみには、保湿強化です。これまでクリームは避けていましたが、美容部員さんから勧められたのをきっかけに、クリームを使い始めました。

寝る前に、クリームをひとぬりします。そうすると肌のハリが格段に違います。

また、目元には、マッサージをしています。アイクリームを塗り始めて、血行を促進しています。クマ予防にもなっていて、目元にハリが戻りました。

ずっと自分は脂性肌だと思っていました。大人ニキビに悩まされた時期もあり、乾燥肌とは無縁でした。

最近、肌の状態を化粧品カウンターで見てもらったら、乾燥気味だから、保湿を重視したほうがいいとアドバイスされました。

【参考】すっぽん小町口コミ | すっぽん小町の口コミ評判は?
【URL】http://www.mrsupplement.biz/

あまり大したことはしていませんが、肌を休める時間を長くしています。休日は朝から予定がないときにはメイクをしないことと、メイクをした日には帰宅してすぐにメイクを落とします。

また紫外線をあまり浴びないように日やけ止めをこまめに塗っています。肌を休めておくことと、乾燥しないようにクリームをこまめに塗って、寝る前にはたっぷり惜しみなくクリームを塗って寝ます。

翌朝は、顔を洗顔フォームで洗うと良くないと効いてから水で洗っています。

食事の面では野菜を多く摂ってあまり油っこい物を摂らないように心掛けています。ニキビが出来てしまったりするのでそれを避けるために、野菜中心の生活を送っています。

また毎晩納豆を1パック食べています。栄養がとれることもありますが、納豆を食べると肌が艶々になるような気がしますので、ここ半年ほど続けています。

顔はよく血行が悪くてそれによって不健康そうに見えるようなので、お風呂に入ったときによくマッサージをしています。